冷戦以来、最大の演習に9万人の部隊が参加

90,000 NATO Troops Participate in Biggest Exercise Since Cold War
冷戦以来、最大の演習に9万人の部隊が参加
January 26, 2024 11:18 AM
" By Henry Ridgwell
写真1
Ph127-1.jpg
90,000 NATO Troops in Biggest Military Exercises Since Cold War
冷戦以来最大の軍事演習に9万人のNATO部隊
LONDON - NATO began its biggest military exercises since the Cold War this week, with tens of thousands of troops set to move across Europe in a show of force meant as a warning to Russia, following its full-scale invasion of Ukraine.
ロンドンーNATOが冷戦以来その最大の軍事演習を開始したが、数万人の部隊が力の誇示で欧州中に動き始め、これはウクライナへ大規模な侵攻をしたロシアへの警告を意味している。
Operation Steadfast Defender 24 will see some 90,000 NATO military personnel take part in a range of drills across Europe in coming months. Fifty naval vessels, 80 aircraft and over 1,000 combat vehicles are involved.
'確固とした防衛作戦24'はこれから数か月にわたって欧州中での訓練に約9万人のNATOの兵員が参加する。50隻の海軍の艦、90機の航空機及び1,000代以上の戦闘車両がこれに含まれる。
The exercises "will show that NATO can conduct and sustain complex multi-domain operations over several months, across thousands of kilometers, from the high north to central and eastern Europe, and in any condition," the 31-nation alliance said.
同演習"はNATOが数か月にわたって複雑な多領域作戦を欧州の極北から中部および東部にわたって、いかなる状況の下でも実施し、維持することができることを示すことになろう"と31カ国同盟が言った。
Logistics ロジスティック(兵站)
"We do all of this to show we have the readiness, preparedness and the forces in place to remove any room for miscalculation or misunderstanding in Moscow about our readiness to protect every inch of NATO territory. And as long as we do that there will be no attack against NATO territory," NATO Secretary-General Jens Stoltenberg told reporters in Brussels Tuesday.
「我々は即応、準備及び部隊を展開してモスクワが我々が即応態勢にあり、NATOの領土を1インチでも侵す誤算や思い違いをする余地を排除するのが我々が示すことである。そして我々はそうすることによって、NATOの領土位に対しての攻撃することがないであろう」NATOの事務局長のジェームス・ストルテンベルグが火曜日ブラッセルで記者団に語った。
The logistical challenge of moving soldiers and equipment is a vital part of the exercise, said Liana Fix, fellow for Europe at the Council on Foreign Relations in Washington.
兵士達と装備の移動に関しての兵站の挑戦は演習の死活的部分であるとワシントンにある外交関係審議会の欧州研究員のリナ・フィックスが言った。
"How do they get there? And how do they get there quick? Because the war in Ukraine has shown that being too slow means that a part of your territory can be occupied and has to be re-conquered, rather than defending that territory the moment the attack happens," Fix told VOA.
「どうやって彼らはそこへ行くのか?そしてどうやって彼らはそこに迅速に行くのか?ウクライナにおける戦争があまりに遅く泣ているのが示されているため、あなた方の領土の一部は攻撃が起こって、守るよりは占領され得るし、再征服しなければならないのではないか」フィックスがVOAに語った。
Sweden, which hopes to join NATO in coming months, will also take part in the operation, the biggest NATO drill since the Reforger exercises of the 1980s. Hungary is the only NATO member yet to ratify Sweden's application.
スエーデンは数か月内にNATO加盟を期待しているが同作戦には参加し、1980年代のレフォージャー演習以来最大のNATOの訓練になる。
写真2
Ph127-2.jpg
Chair of the NATO Military Committee Admiral Rob Bauer, center, Supreme Allied Commander Europe, General Christopher Cavoli, left, and Supreme Allied Commander Transformation General Chris Badia prepare to talk to the press in Brussels, Jan. 18, 2024.
NATO軍事委員会の会長、ロブ・バウアー提督(中央)、欧州同盟の最高指揮官クルストガー・カヴォリ(左)及び連盟軍最高司令官のクリス・バディアが具ラッセルでの記者会見に臨んでいる 2024年1月18日
Ukraine ウクライナ
The exercises come ahead of the two-year anniversary of Russia's invasion of Ukraine, on February 24. The conflict has descended into a war of attrition, with neither side seemingly able to make significant territorial gains.
同演習はロシアのウクライナ侵攻の2月24日の満2年の記念日にさきだっとぇ行われる。同紛争は、いずれの側も一見、重要な領土奪取ができると思われる戦争になっている。
While NATO flexes its muscles in Europe, Kyiv is running low on ammunition, as military aid packages in both the United States and the European Union remain blocked by political infighting.
NATOが欧州で力を誇示する一方で、キーウは弾薬を費消し、米国と他の欧州連合における軍事援助提供は政治的内紛で妨害されている。
"The narrative from Ukraine is that Ukraine is defending NATO. And that is a valid narrative if one follows the logic that Ukraine is actually diminishing Russia's army, has diminished Russia's army, and has diminished the military threat that Russia poses to the NATO alliance. So from Ukraine's perspective, it must be a lonely moment to watch this NATO exercise," analyst Liana Fix told VOA.
「ウクライナからの話では、ウクライナはNATOを守っているとくものである。そしてそれは妥当な話である。ウクライナがロシア軍を実際に減らすという論理に従えば、そして実際に減らしていて、MATO同盟へのロシアの軍事的脅威を減らしているのである。そこでウクライナの見通しでは、ウクライナはNATOの演習を見守るための孤独な時である」アナリストの喜納・フィックスがVOAに語った。
Artillery 砲
NATO this week signed a $1.2 billion contract to buy some 220,000 rounds of artillery ammunition. The alliance says it will pass on the shells to Ukraine, which has complained of ammunition shortages, or to member states that want to replenish stockpiles that have been depleted through supplying Ukrainian forces.
NATOは今週、22万発の砲弾を買う契約に署名した。同同盟はこれらはウクライナに渡すものであると言い、ウクライナは弾薬不足に不満を呈しており、同盟諸国にウクライナ軍に供することを通じて激減した備蓄を再び満たすことを望んでいることを伝えている。
"This is important to defend our own territory, to build up our own stocks, but also to continue to support Ukraine," said NATO chief Stoltenberg.
「これは、我々の領土を守り、我々の備蓄を積み上げるために重要であるが、しかしまたウクライナを支援する上でも重要である」とNATOの首長のストルテンベルグが言った。
"We will support Ukraine with the systems and the weapons and ammunitions they need to prevail as a sovereign independent country, because we cannot allow (Russian) President (Vladimir) Putin to win in Ukraine. That would be a tragedy for the Ukrainians and dangerous for all of us," he added.
「我々はシステムと兵器及び弾薬でウクライナを支援する、彼らは主権を持つ独立国としてかつ必要がある、なぜなら、我々はロシアの大統領ウラジミール・プーチンがウクライナン時勝つことを認めることはできないからだ。それはウクライナにとって悲劇であり、我々すべてにとって危険だからだ」彼が付け加えた。

コメント

非公開コメント

プロフィール

nangoku851

FC2ブログへようこそ!

最新情報

カテゴリー